2013年10月27日

中学数学の総復習 〜偏差値55までの高校受験対策

私立高校入試まであと3ヶ月。
公立高校入試までならあと4〜5ヶ月ですね。

公立高校入試の場合、入試問題の半分ほどは
教科書の例題レベルの、ごく易しい設問になっています。

茨城県の場合、例題レベルの問題は全部で55点。
残り45点分が、やや難易度の高い問題になっています。

だから、教科書をきちんと理解できれば、
50点以上の得点は可能なんです。
理論上は。

続きを読む
posted by なもやん at 15:02| Comment(0) | 高校受験用問題集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

数学を得意にするために〜 基礎訓練

さて、基礎訓練の話に移りたいと思います。

数学を得意にする、得意ではなくても苦手意識を無くすためには
計算を速く正確にできるようになることが最重要です。

中学生で点の取れない生徒の多くは、掛け算の段階で
既に躓いていると書きました。

今回は、そんな単純な計算、小学生でも難なくできる計算を
きちんと身に付けるためにはどうすればよいのか、
というところです。

具体的に書いていきますね。


計算を速く、かつ正確にこなせるようにするためには
集中して毎日計算問題に取り組む必要があります。
そこで、私は100問計算をお勧めしています。

私の運営している塾でも、学年の枠に捉われずに
計算100問テストを実施しています。

家庭で行う場合は、学び舎さんの計算100題
印刷して使用します。

最初は、足し算と掛け算に絞って行います。
2分以内に全問正解できれば合格です。
計算がきちんとできる生徒だと、1分30秒以内にできるようになりますから
最終目標は1分30秒としてください。

最初は3分程度かかるかもしれません。
毎日、足し算と掛け算について、時間を計って取り組んでください。

足し算・掛け算が2分を切るようになったら、
引き算も加えてください。
引き算も2分以内、可能なら1分30秒以内が目標です。

引き算もできるようになれば、余りのない割り算も同様に行います。
割り算をやるようになったら、掛け算は省いてかまいません。
割り算は、掛け算の逆をやる形ですので。

どれも1分30秒でできるようになるころには、
問題を見れば頭で考える前に自然に手が動くようになっています。
この状態をつくることができて初めて、中学数学での計算ミスが減ってくるようになります。

100マス計算よりも、計算100題の方が
経験上、解きやすいという生徒が多いです。
100マスの方が解きやすい方は、100マス計算で行っても
かまいません。


posted by なもやん at 02:14| Comment(0) | 数学の勉強方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月26日

数学を得意にするために〜 小学校範囲の学力チェック


さて、3学期制の中学校では、そろそろ2学期の中間テストが終わったことと思います。
私の塾では、9月に入塾した生徒さんが数学のテストで
1学期期末20点 → 2学期中間60点

と、大きく伸びました。
お母さん大喜び。本人も大喜びでした。^^

このように、数学は正しい勉強をすれば、必ず力がつきます。


定期テストで40点以下の生徒さんは、まずは小学校範囲の学力チェックをしてみましょう。
やり方は・・・

@ 掛け算(九九)の4の段を、10秒以内で言い切ってください。
A 掛け算(九九)の7の段を、10秒以内で言い切ってください。
B 掛け算(九九)の8の段を、10秒以内で言い切ってください。

時計と睨めっこしながら言ってくださいね。
チェック時間はたったの30秒しかかかりません。
お手軽でしょ?

・・・さあ、言えましたか?
言えた人は大丈夫。最低限の基礎は出来ています。
10秒以内に言えない人は、小学校2年生の単元から躓いていますので、
ここから数学はスタートになります。


数学を得意にする上で、九九は非常に大切な要素です。
九九がスムーズに言える生徒は、中学範囲の計算問題もスムーズに解くことが出来ます。
ところが、低学力の生徒さんの場合、すでにここで躓いている人がとても多いのです。

4の段・7の段・8の段というのは、声に出して言うときに
とても発音がしにくい段です。
この「発音しにくい」というのがネックになるらしく
4×7を24 と言ったり、6×8で詰まってしまったりします。

もちろん、きちんと考えれば言えるよ!という人ばかりだと思いますが
これをいつでも100%正確に言うことができなければ、
計算でミスをしてしまったり、時間がかかってしまって時間内に解けなかったりと
さまざまな弊害が出てきます。

ですので、まずは小学校の四則演算を速く間違わずに解くための
基礎訓練をすることが大切です。



基礎訓練の方法は、次回書きます。
posted by なもやん at 18:35| Comment(0) | 数学の勉強方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。